エンジニア面接で聞かれることって何?【面接を10回以上録音した結果】




エンジニアインターンをしている中退エンジニアです。

 

この記事にたどり着いたもの、おそらくエンジニアを目指しているからでしょう。

しかし、エンジニアとして働くには、当然ながら面接を突破しなければなりません。

そして面接に受かるのには、面接で何を聞かれるのか把握し、それに対する準備をする必要があります。

 

しかし、

・実際にどんな質問が来るの?

・質問にはどんなふうに返せばいいの?

と悩んでいる方もいるでしょう。

 

そこで今回、面接で録音して分析しまくった僕が、特に多かった質問をピックアップし、面接に受かるコツを失敗談を交えてお伝えできればと思います。

それではいきましょう。

 

【ほぼ聞かれる】共通した質問

本当にありきたりの質問ばかりですが、確実に聞かれるであろう質問をリスト化してみました。

一番最初に聞かれやすい質問の核となる部分であり、ここから話が発展して行くことになるのでまず始めに準備しておく必要があります。

自己紹介について

必ず一番最初に聞かれた質問がこれです。貴方がどんな人生を送ってきて、どんな人間なのか見られます。

とはいえ、あまり身構える必要はありません。アイスブレイクのような感覚でカジュアルにいきましょう。

志望動機は何か

志望動機は一番重要。ここから話が進展していくと言っても過言ではありません。

何故この会社でなければいけないのか会社に入って何がしたいのかを明確にしておく必要があります。

例)開発の流れ、チーム開発経験、コミュニケーションの取り方, などなど。。

※「ただ実務経験が積みたいだけ。それ以外ないんだ!」っていう人へ。

気持ちは凄くわかるよ。。でも身に付けたいスキル全般だけは明確にしておいたほうが良いです。

 

なぜエンジニアになりたいのか?

これは絶対聞かれます。

私たちがエンジニアになることに何のメリットを感じ、何をモチベーションとしているのか?ということを相手は知りたがっています。

 

例えば、

「フリーエンジニアになって場所や時間に囚われず働きたい!」

「単純にエンジニアがカッコいい✨」

「将来起業したい!」

 

などなど、人それぞれいろんな理由があるかと思います。

今一度、なぜエンジニアになりたいのか?と自分に問いかけてみるといいかもしれません。

ここの軸がしっかりしていないと、この先エンジニアとして働き続けてくれるのかなぁと企業側は不安に思うでしょう。

注意

正直な感想を言わせてもらうと、企業によっては、将来的に独立する!とは言わない方が無難です。

僕はこれを言ったら独立もしたことない人から結構詰められてメンタル崩壊寸前までいったことがあります。。( ;∀;)

これも完全に企業体質によって異なりますが、「どうせ辞めるんでしょ?」みたいな目で見られて足切りされるので、「独立したいから!」という動機だけで突き進むのを僕はオススメしません。

賛否両論ありますが、この辺りはまたブログにまとめておきますね。

成果物を見せてください

成果物はある前提で面接が進みます。

もしこの時点で成果物なんて作ってないよ!って方はこんな記事読んでないでさっさと作りましょう。

成果物がないとこの人は本当にエンジニアになる気があるのか?と思われても仕方がありません。

なぜなら、採用するための材料がないから

本当にこれに尽きます。。

このあたりもまたブログにまとめておきますね。

 

最後に聞きたいことはありますか?

多分これはどこも聞いてきますね笑

お互いミスマッチを防ぎたいものなので、

本当に開発に携われるのか、

自社開発なのか等々、

自分が理想としている企業かここで再確認しておくといいかもしれません。

ただ、これはある面接の方も言ってたことなんですが、「ぶっちゃけ働いてみないと分からない」って部分が大半を占めてるのも事実。

たとえ面接や求人票が良い内容でも、思ったのと違った!ってことは当然ながらあり得るので、ここで聞いたことは鵜呑みにしない程度が良いでしょう。

 

半分以上の企業で聞かれた質問

ほぼ聞かれるであろう共通した質問は以上です。

では最後に、聞かれる頻度が次に多かった質問を何個かあげていきたいと思います。

プログラミングを始めたきっかけは何ですか?

皆さんもプログラミングを始めた動機は様々ですよね。

例えば、

「Progateという学習サービスをやってみたら案外面白かった」

「使う側ではなく、創る側になった方がが面白いと思った」

「最近流行っているプログラミングがどんなものなのか知りたかった」……

 

僕の場合は大学時代, ゲームに飽きすぎて、もはや創る側になった方が面白いのではないのか?と思ったのがきっかけです。

当時は分厚いJavaの本買って壮大に挫折しましたが。。笑

何も特別なことを言う必要もありません。あなたの好奇心や学習欲を全面に押し出し, 正直に伝えていきましょう!

 

プログラミング学習にあたって苦労したことを教えてください

ここでは自力で苦労を乗り越える力。すなわち、問題解決能力があるかどうかを見られます。

プログラミングを学習している方であれば必ずや原因不明のエラーに直面して壁にぶちあたった経験はあるでしょう。

 

原因不明のエラーが発生したならば、他人に丸投げせずに自分でしっかり調べ、それに対してどうアプローチしてきたのかが重要です。

やはりエンジニアにとって一番重要なスキルはググる力と聞きますよね。

面接官がエンジニアであれば聞いてくる可能性も高いので、準備しておくことをぜひおすすめしたいです。

ポイント

あらゆる問題に自分で解決したエピソードを添えるとアピールに繋がる

例)

特に苦戦したことは、Railsアプリをサーバーにアップロードするところです。

エラー文がよく分からず、周りに聞く人もいなかったので丸二日ほど苦戦しました。

qiita等で調べてある程度まで進むことができたが、それでも分からなかったので,teratailやSNSで質問。

回答者とやりとりしてくうちになんとかアップロードすることができました。

プログラミングをしていて楽しいと思ったことはありますか?

さっきとは逆の質問ですね。

一言で言っちゃえば、エンジニアとしての素質があるかどうか見られてると推測してます。

やはり、ある程度はエンジニアにも向き不向きがあります。

企業側も1日十パソコンと向き合うことができて、とにかくコード書いてる時間が楽しい!と思っているような人材が欲しいはずです。

逆に、

「もうコード見てるだけで吐き気がする」

「パソコンの画面自体に抵抗がある」

であれば、どう考えてもエンジニアとしてやっているか疑問に思いますよね。

少し厳しい言い方をすれば、正直働いてくのは難しいでしょう。

 

ちょっと厳しいことを言いましたが、プログラミング自体が楽しいと思う必要はないと思ってます。

楽しいと思う基準は人それぞれで、例えば、

「ブラウザ側で自分の考えている画面が表示された瞬間が幸せ!」

「エラーを解決した時の快感がたまらん!」

「自分の作ったものが誰かに使われた時が最高に嬉しい!」

 

など、苦労は多かれ楽しさや喜びを感じたことは一度や二度あるはず。

どんな些細なことでも良いので、日々プログラミングを学んでいる上で細かく分解してみると意外な発見に気づくかもしれません。

まとめ

質問リスト

・自己紹介について

・志望動機

・なぜエンジニアになりたいのか

・成果物について

・最後に聞きたいこと

・プログラミングをはじめたきっかけ

・プログラミング学習で苦労したこと

・プログラミングしてて楽しいと思ったこと

なかでも重要なものは太字にしておきました。

 

本当にありきたりな質問ばかりですが、これだけ押さえておけば大体の面接は対応していけるかと思います。

ただ注意してほしいのが、僕が面接官ではないこと。

つまり、企業側がどういう真意でこれらの質問をしてきたかなんてわからないということです。

なので、あくまでも参考までにしていただけると嬉しいですね。

 

さて、面接さえ突破してしまえば晴れてエンジニアライフが待ってます。

せっかく時間をかけてプログラミングを学習してきたのに面接なんかでエンジニアを諦めるのは非常にもったいない話です。

後は面接して内定を取りに行くだけ。その材料は残しておきました。

 

最後の踏ん張りどころですので頑張っていきましょう!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です