【僕が休学を決断するまで】僕はとにかく大学へ行きたくない。 




5月から休学する大学二年生です。

今日は殴り書きでいかせていただきます。

とにかく僕は、大学に行きたくない!

・単位のためにその場しのぎの勉強。

・一日15時間寝るという無気力状態。

・授業中は寝るかスマホ。

そんな大学生生活を一年間続けたわけですが、

どうも奨学金を借りてまで4年間も通うことに違和感を感じ、一年間休学するという決断をしました。

 

「そんなら大学なんて辞めちまえよ!」っと思った方もいるかもしれません。が、僕も何度も思いました。

今でもいっその事辞めてしまえば良かったと思っています。

しかし、もちろんですがそんな簡単に通るはずがありません。

まず「借金してまで学ぶくらいなら大学を辞める!」、これを親や教授に話します。

するともちろんのことですが「大学をやめてどうするんだ?」、「なにか他にやりたい

事でもあるのか?」「この先のビジョンは?」等々…耳が痛いほど聞かれます。

しかし、レールを外れた後の現実を知らず、社会も知らなければ特にやりたい事や夢やスキルがあるわけではない。

これが僕にとって一番の悩みどころでした。

そして批判を食らう度にレールから外れることに対してだんだん恐れるようになっていきました。

 

でも借金して学ぶくらいなら働きながら学んだほうがいいだろうと確信していた僕は中退した後の道をいろいろ考えました。

 

・ DMMアカデミーに申し込んだ

今年からの事業なのでまだ知名度はないかもしれませんが、プログラミングを学びながら月三十万もらえるというDMMアカデミーというものがあります。

しかし、それに挑戦するもなんの取り柄も無い僕は面接すら進めずに落選。

 ・ハッシャダイの見学に行く

職・食・住が無料で6か月間東京でインターンができる職業訓練校のハッシャダイで上京を決意する。

しかし、家族全員から猛烈な批判を浴びせられ、怪しいからやめておけと許可が下りず断念しました。

帰っても田舎すぎて仕事はあまりない。

もう大学行くしかないのか…と思いそのまま新学期が始まります。

パニックだったあの日の朝を忘れない

新学期がはじまった日の朝、大学に通うことに対して心が完全に拒絶反応を起こしました。

ベッドから起き上がれず、将来について考えすぎた僕はやがてパニック障害に陥りしばらく引きこもります。

親を含め気軽に相談できる相手もいない。

食欲もない。

寝られない。

一人でいるのが辛いけど誰を頼っていいのか分からない。

孤独。

結局一ヶ月くらい誰とも会わず、考えて考えて頭がパンクし、何度も涙を流しました。

常に頭の中で何かを考えていた鬱な毎日。

ただただ必死に自分の心の声に耳を傾けました。

そこで確かに分かっていたのは、何日経っても大学に行きたくないという気持ちは変わらなかったということ。

これ以上本能に逆らっていたら死んでしまうんじゃないかと思い、極限まで心に素直になり、まず大学には行かないことを決めました。

 

大学に行きたくないけど中退はダメだった。

でも休学なら事実上大学に行かないことになる。

そこで初めて休学を決意します。

もうこれ以上の決断はないと思っています。

 何を目的に休学するのか?

それは自分の方向性を見出すこと。

〇〇が目標で~〇〇を得るために~〇〇をするといった具体的な目的はありません。

なにも見つかっていないのだったら別に明確な理由なんていらないと思うんです。

ちなみにこの理由、前例がないようで教授からもなかなか認められませんでした。

ngron.hatenablog.com

これを言うと「大学行きながら見つければいいじゃないか」とよく言われます。

しかしどうでしょうか。

僕は「大学に我慢して通いながら探せ」という風にしか聞こえません。

もちろん大学で見つかる人もいればその環境の方が刺激的な人もいるかもしれせん。

そのような学生はそれはそれで素晴らしい事だと思っています。

ただ、僕みたいに何のために学んでいるか分からないような学生が中途半端に大学に通っても中途半端なものしか見つからない、もしくは何も見つからないと思います。

 休学後はどうするのか

大雑把なプランでいくと、

バイトor放浪→フリーランス養成講座→日本一周(ヒッチハイク)→放浪

非常に漠然としてます。

でも動きながら考える予定です。

後は直感に任せる

こんな感じ(適当)

僕めちゃくちゃ考えすぎちゃうタイプなんで直感で動いたちゃった方がいいかなと思ったんで、直感で生きることに決めました

あえて言うならギャップイヤーのようなものだと思ってください。

ギャップイヤーとは

ギャップイヤー(英: gap year)とは、高等学校卒業から大学への入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと。 英語圏の大学の中には入試から入学までの期間をあえて長く設定して(初夏卒業・秋入学)、その間に大学では得られない経験をすることが推奨されている。

 

海外にある制度ですが、大学全入時代である日本でこそこの制度があれば僕みたいに借金してまで学ぶ学生が減り、さらには冷静になって無理に大学へ行く人を減らす手だてにもなると思うんです。

 

やりたいことが見つかって無いのに大学を辞めることについて

僕はよくこんなことを言われます。

「やりたい事や夢が決まったて中退するならまだ分かる。ただ、やりたい事が決まってないんだったら辞めるな。」

確かになんの目的も無く辞めるのは大きなリスクが伴いこれは一般論から言えばごもっ

ともな意見です。

しかし、裏を返せば目的もなく大学に通っているわけです。

何の目的もなく大学にダラダラ通う方がリスクだと思うのです。

大学から逃げたければ、一旦休学してみる

大学を辞めたい。けど辞めたとしてもビジョンもなくお先真っ暗。

だから一度今いる環境から離れ、自分の心に素直になる期間を作るために休学してみる

のもありだと思ってます。

その中で大学に戻る価値があると判断するのならば戻ればいいし、学びたい分野が変われば編入やら転部をすればいいだけです。

ただ僕は自分探しをしたいというわけではありません。

自分はすでにあるし後は自分の心に素直に従うだけだと思っています。

そして純粋に心行くままに生きることで本当にやりたい事が見つかると僕は信じてま

す。

 最後に

四年間という大事な期間、目的もなく大学に通っている。

そんな大学生はザラにいるでしょう。

今自分が学んでいることが本当に学びたいことで、今の現状に満足しているのか。

自分の心の声に耳を傾け、嘘偽りのない素直な心で過ごす期間を作ってみるのもありかもしれない。

そうすれば自分が本当に学びたい事やりたい事、自分の方向性や生き方は見つけられるのではないでしょうか。

今何者でもない自分が大学を辞める前に、こういう休学の仕方もありだなと証明できればと思う。

それでは。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です