【ヒッチハイク】スケボー持って愛知~千葉 2日目




どうも、コミュ障ヒッチハイカーのレオンです。

今回はヒッチハイク二日目。

【前回のあらすじ】

春日井IC(愛知)

刈谷ハイウェイ

富士川ハイウェイ(静岡)

中井パーキング(神奈川)

愛知~神奈川へ着いたという感じです。

ngron.hatenablog.com

というわけで、今回は中井PA(神奈川)からのスタート!

中井PA~海老名SA

朝の5時、目が覚めました。

駐車場は結構小さくトラックが多い模様。

 

そしてボードを掲げ2時間が経過。

トラックを睨んでいたら遠くから若い運転手から声がかかり、乗せてくれました。

 

半分諦めてまた寝ようとしていたから本当にありがたい。

話を聞くと「運転やりがいないしつまんねー」と言われ、これはコミュ障の僕が楽しくするしかないと思いそれなりに話しました。

 

トラックの兄さん「なんで人見知りがヒッチハイクなんしてんの?」

僕「人見知りだからです!」

トラックの兄さん「………」

二人とも「あははははは」

内容のない会話だけど多分これが一番受けた?のかな。。。

 

これはよく聞かれるのですが、今思うと自分、人見知りでコミュ障なのになんでヒッチハイクしてるのかよく分かりません。

 

そして茨城まで行くらしいが惜しいことに千葉より結構上のルートを走ってしまうということで千葉行きは断念。

 

本当は時間があれば千葉まで乗せてってあげたいと言ってくれ最高に優しい方だなと思いました。

大きいSAがいいというわけで海老名SAに降ろしてくれました。

兄ちゃん的な存在ですごくいい人でした!ありがとうございます!

海老名SA~錦糸町

最高に広くて人がとにかく多い海老名SA。

 

そこで調子に乗った僕は、施設内でスケッチブック抱えながらうろうろするという謎の行動に出始めました。

 

この行動の意味がお分かりでしょうか。

 

 

そう、

 

 

これは、

「ヒッチハイクしてる俺凄いだろアピール」

です。

 

どうやら僕は、

自意識過剰なくせに

「誰か俺のこと見てくれ!」という欲望に駆られていたようです。

 

これ、ヒッチハイカーあるあるなんでしょうか。書いてて非常に恥ずかしい。

という感じにヒッチハイクしてる俺スゲー的な優越感に浸っていたわけですが、こんなことしたところで車は捕まらない。

と。

 

ここでトラブル。

f:id:ngron:20170727200204p:plain

携帯の充電終わりました。

………

俺も寝たい…

 

完全に罰が当たりました。

あんなSAを徘徊しなければもう少し充電があったはず。

 

なんといっても必須ツールであるGoogleマップが使えないのはかなりのダメージ。

店の人に「充電させてください!」とか言う勇気なんてないし…。

f:id:ngron:20170728180121p:plain

一時間後…

 

聞きました(どうせやると思った

 

おかげさまで20%まで復活!

 

というわけで、とりあえず東京方面と書いてヒッチハイク開始!

僕が立った場所はSAの出口少し手前。

 

炎天下の中、フルグラと水を摂取しながら3時間耐えました。

しかし、捕まりませんでした。

 

なぜかというと海老名SA(下り)は観光バスが大量に来るスポットだからです。

もっと厳密に言うとビビって場所を変えようとしない僕がいたからです。

 

観光バスから降りてくる人が列を作り、封鎖された道を見た車がこっちまで来ずに曲がってしまうという悲しい景色を3時間見続けました。

f:id:ngron:20170727205955p:plain

バスの乗客が列を作っているため、全部左に流れていきました。

これはやばいと思い、僕が怪しい徘徊をしていた施設の入り口でボードを掲げました。

もちろん人通りが多い出入り口は滅茶苦茶見られます。

 

これがなかな恥ずかしかったです。

 

しかし、この場所替えが功を奏し、約三十分後、向こうから声をかけてくれて乗せてくれました!

 

乗せてくれた方は伊勢神宮の神主さん。

昔、海辺から帰れなくなったときにヒッチハイクして乗せてもらった過去があるから誰かに恩返ししたいと思い乗せたという素敵な方でした。

 

自分も車所持したら絶対乗せてあげたいと思います!(たぶんビビってる)

そして話していくうちに宗教と科学は正反対という話になり、内容が全然理解できませんでした・・・

 

そこで僕は 話が理解できなくても「そうですね」を連発。

「そうですね」←とても便利です。

 

そして約一時間後、

東京の錦糸町(東京)に到着!

 

下道ですが、親切にIC付近まで行ってくれました。

わざわざありがとうございます!

ここでなんか泣きそうになった…。

錦糸町(東京)~幕張(千葉)

というわけでついに東京まで来てしまいました。

中でも錦糸町は治安が悪いそうです。

ビビりだったので30分くらいうろうろして街の様子を見学してました。

 

見た感じ圧倒的に人と車が多い様子。

バス停と道幅の広い場所を狙いました。

 

しかし、相当難易度が高めでした。

そして、相当イライラしてました(笑)

 

というのも、始めの2時間はこんな感じ!

 

道幅の広いところでヒッチハイクをする

タクシーが目の前に止まる

タクシーが停車する場所を占領して他の車が止まれない

タクシーおらんくならんかんかなー思って離れる

数分後タクシーいなくなる

これはチャンス!と思いまた同じ場所で始めたが僕の真ん前でタクシー止まる

離れてみる

タクシーいなくなり再度挑戦

また同じタクシーくる

……

これをずっと繰り返してました。

ちょっと不自然だったのが毎回毎回同じ顔、同じカーナンバーだったこと。

 

正直イヤがらせだと思ってイライラしてました笑(どうなのかな)

きっと運転手はこんなこと思っていたのだろう。

 

タクシー運転手:「いいかげんヒッチハイクなんてせずに金払って乗ってけよ~」

今か今かと待っている運転手。こちらだけを物凄い視線で見てきました。

だが残念ながら僕はタクシーに乗る気はない。

 

イライラを収め次はバス停でヒッチハイク開始!

 

ボードあげる

バス止まる

ボード下げる

バスが去る

ボード上げる

バス止まる

……

これは旗揚げゲームなんでしょうか。

また僕はタクシー同様イライラループを繰り返していました。

 

しかもこのバス、約3分ごとに来るんです。

この上げ下げを見られるの相当恥ずかしかったです。

 

 

そして約2時間後、

ついに乗せてくれました!

千葉を知り尽くした男で釣りやサーフィン、地名の話をしました。

ここでもコミュ障ぶりを発揮した僕は「そうですね」を盾に凌いぐ。

「そうですね」←テンプレート入り決定

 

幕張までは約30分くらいですぐ到着。

幕張PAは下道から出られるのでスケボーで最寄り駅まで突っ走りました。

 

実はスケボーの醍醐味はここにあったのです。

スケボーはとにかく下道に最適。

というわけで愛知から千葉まで無事到着ことができました。

これも乗せる勇気あるみなさんのお陰です。

計6台

まとめ

今回の旅は中盤から結構苦戦したなって感じです。

ちなみにスケボーはタイトルにするまでもない活躍ぶりだったと思います。

 

そして今回、この旅で得た教訓を紹介します。

 

・SAで車の出口で手応えがなければ施設やトイレの出入り口で立つと捕まる確率UP

・静岡は異常に長いから心してかかるべし

・スマホの充電切れたらSAの姉さんに充電させてもらう。

・ヒッチハイクしてる俺凄くねー?アピールすると罰があたる

・スケボーは下道に最適

・スケボー、重いよ?

・コミュ障でも「そうですね」を使えば乗り越えられる

 

という感じですね。

この教訓が全国のヒッチハイカーに役立てば幸いです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です