【田舎フリーランス養成講座】僕には最高の仲間がいる




田舎フリーランス養成講座へ参加したレオンです。

通称いなフリ。

僕はこのいなフリに参加して本当に良かったと思っています。

 

あのツイートが無ければ僕は参加していなかった

僕がいなふフリを知ったのは、Twitter上でのカルロスさんのあるツイートがきっかです。

f:id:ngron:20170731173350p:plain

当時は確かこんなツイート。もっといいね❤があったかもしれません。

(履歴が無かったので自分で書きましたが多分八割型間違ってます。)

気になっていなフリのページをクリック。

そして文章を読んでいくうちに、

間違いなくワクワクしている自分がいました。

 

これだっ!と思い即応募。

直感を信じました。

 

あのツイートが無いと参加してなかったんだと思うとゾッとします。

その前にいなフリって何?と思った方がいるかもしれませんので簡単にご紹介します。

田舎フリーランス養成講座(いなフリ)って何?

一ヶ月間、千葉県の田舎でweb系のことをみっちり学ぶことができるプログラムです。

web関係を学ぶと言いましたが、

・田舎へ体験移住してみたい

・一人で稼ぐ力を身に着けたい

・スキルアップしたい

といった感じに目的は人それぞれです。

 

僕は自分の人生に本気で向き合うこと、場所問わず稼ぐ力を身に付けることを目的に参加しました。

 

ちなみに開催場所は金谷といすみ市の二箇所にあるのですが、今回僕が参加した場所はいすみ市です。

千葉県いすみ市は大体、

f:id:ngron:20170731184454p:plain

我らの拠点、コワーキングスペースhinode

f:id:ngron:20170801154523j:plain

hinodeは最高に綺麗です。

リゾート気分を味わえます。

f:id:ngron:20170801154613j:plain

午前中はここで講義を受講。

f:id:ngron:20170801154539j:plain

ここがのんびり休憩するスペースで、外部から色んな人たちが来たりします。

f:id:ngron:20170801154555j:plain

集中して作業をしたい人のための静かなスペースもあります。

これほど仕事がしやすい環境はなかなか無いのではないでしょうか。

もう施設全体が綺麗なので、一度立ち寄ってみることをオススメします。

ワークショップ

・田植え

つるかめ農園さんの方で田植えを初体験させていただきました。

f:id:ngron:20170731194534j:plain

泥んこになりながら田植え。

田んぼは温かいから寒い日は座りながら植えるのが基本です。

f:id:ngron:20170731194520j:plain

注意:パンツ一丁で参上するとつるかめ農園さんのほうでドン引きされます。

違う民族が乱入して来たかのような雰囲気になるので服は着ていきましょう。

僕は本当に申し訳ないことをした。

 

しかし、裸だった僕にTシャツを貸してくれたつるかめ農園さんの心は

田んぼ並みに温かかった…。

DIY

ひもりん巨匠が中心となって小屋作り。

f:id:ngron:20170731194710j:plain

木材を切ったりインパクトドライバーで組み立てたりしました。

f:id:ngron:20170731194757j:plain

普段使わない道具を使ったり新しいことばかりなのでどれも貴重な経験です。

自分は丸のこ(チェンソーみたいなやつ)で自分を二度切りそうになりましたが、良くも悪くもいい経験になりました。

それでも自分の手で物を一から作りあげるという体験は一度してみると面白いです。

稼ぐことはできたの?

いなフリで10万くらい稼ぎたいなと思っていた私ですが、

いくら稼げたの?と問われればこう答えます。

f:id:ngron:20170731215918p:plain

はい、稼いでおりません。

厳密にいうとクライアントへの提案や、やり取りが下手すぎて仕事が貰えませんでした。

でも稼ぐ力がついたか?と問われれば、

参加する前よりかは身についたと感じてます。

バイトの電話に2年間ビビって応募できなかった僕が初めてクライアントとの電話を果たしたり、

 

仕事の貰い方を教えてもらったり。

 

どれも初めての経験ばかりでしたが、個人で稼ぐための必要な知識や経験は最低限積むことができました。

 

個人で仕事をとりにいくのは想像以上に大変だと思い知ったし、フリーランスという働き方を身をもって体感できたのも大きいです。

 

いなフリを共に過ごした最高の仲間

f:id:ngron:20170801155034j:plain

僕が一ヶ月間共に過ごした仲間を紹介したいと思います。

・講師陣

池ちゃん

f:id:ngron:20170731230015j:plain

いなフリを運営している社長さん。

一言でいうと、なんでもできてしまう天才です。

特に思考能力などが桁外れで、自分にないものばかり持っていて圧倒されました。

講義では主にサイト制作などを教えてくれます。

自分は講義中に振られるのが怖すぎて毎日消耗していましたが、質問する度に的確なアドバイスをくれるし、特に質問力の大切さを学びました。

カルロス🏉

f:id:ngron:20170731225925j:plain

一番お世話になった僕のメンターです。

純日本人と知ったときはかなり驚きましたが、今でも信じられません(すみません)

極度な人見知りである自分とは正反対の人間でかなりイライラさせてしまったと思いますが、そんな僕でも受け入れてくれました。

カルロスさんといると元気になれるし、一緒にいるとなんか何してても生きていけるんじゃないかなとか思ってしまいます。

本当にたくさんのエネルギーをいただきました。

 ごうさん

f:id:ngron:20170731230157p:plain

hinodeの店長。顔も声も普通にイケメンです。

ライティングが神がかっていてそろそろキーボード壊れないのかなとか思いながらタイピングを眺めていました。

ライティングの講義が非常に分かりやすく、今もここで学んだことを活かしています。

後、めちゃくちゃ真面目だと思っていましたがそうでもありませんでした。

・受講生

たつやん🐟

f:id:ngron:20170731230119j:plain

サバ缶を集めるけどサバ缶を食べないサヴァカニスト。

サバ缶に無関心な僕でしたが、たつやんに出会ってから買い物でサバ缶を探すようになりました。

理学療法士という顔も持っており、今後どう活かしていくのか楽しみです。

ユッケ✔

f:id:ngron:20170731225947j:plain

バスケ好きなスポーツマン。

バスケが好き高じてなんだか日本のバスケ界を変えてくれそうな予感すらあります。

行動力が半端なく、どんなワークショップにも積極的に参加していました。

自分にとってゆっけのノリの良さは見習うべきところ。

ていちゃん

f:id:ngron:20170731230313j:plain

横顔が魅力的だと評判なため横顔写真を採用。

いなフリ中「ていちゃん」と呼ぶのが恥ずかしくて毎回「ていさん」と呼んでいました。

ていさんは写真を撮るのが上手く、特にインスタグラムはどの写真も綺麗で見どころ満載。

緊張で全然話すことができませんでしたが、僕が愛知へ失踪したときに心配してくれた優しいお姉さんです。

 むろちゃん

f:id:ngron:20170731230332j:plain

タイ好きな旅人ブロガー。

いなフリ来る前からブログが月に80000PV?とかいっていて只者ではないことを知る。

多分僕が生きてる限り何しても心配されるんじゃないかなってくらい、いつも心配してくれる親みたいな存在。

タイのことならなんでも知ってそうだからいつかタイに連れて行ってほしい。

まるま

f:id:ngron:20170731230255j:plain

いなフリメンバーの中で一番話しかけやすかったのがまるま。

心理カウンセラーをやっていて、とても落ち着いてるので相談相手には持ってこいな存在。

天体観測やチョコレートオタクといったいろんな顔を持っている。

いつか自分の手でチョコレートを作るということで、個人的にチョコレートの家を作って欲しい。

おのたく

f:id:ngron:20170731230135j:plain

いなふり史上最年少で参加したおのたく。

まるで年下とは思えないコミュ力や文章力にいつも圧倒され、自己嫌悪に陥っていた自分を思い出す。

ライティングは文章力だけでなく早さも桁違いで、いなフリ中にガンガン仕事をこなしていた。

将来は社長になるということで間違いなく大物になる期待の若者。

今のうちにサインを貰っておくことをおススメする。

 なみさん🍧

f:id:ngron:20170731230238j:plain

田舎起業家で山猫のかき氷屋を運営。

ただのかき氷ではなく、地域の果物や野菜を使ったかき氷を提供している。

僕は食べたことがないから今すぐにでも食べたい。

なみさんのかき氷はもうすでに人気だけど、全国、いや、世界に広まること間違いなし。

いなフリへ来て変わったこと

f:id:ngron:20170731230219j:plain

僕はいなフリへ来る前、何者でもない自分に自己嫌悪を感じてこんなことを考えていました。↓

「こんな自分が来てしまって本当に申し訳ない」

「マジで帰りたい」

「緊張で吐きそう」

「その場にいるだけで恥ずかしい」

「コミュ障で申し訳ない」

そんなネガティブ思考な僕でしたが、講師も受講生もみんないい人でどんな自分も受け入れてくれました。

お陰でそれでいいんだと気づくことができ、どんな自分も認めてあげられるようなりました。

ただ、この一ヶ月で人生が変わったと言えば、別に変わったわけではありません。

それでも今、

自分だけでなく他人の人生のことも本気で考えてくれた最高の仲間がいます。

f:id:ngron:20170801154818j:plain

↑みんなが考えてくれたやってほしいことリスト↑

これだけでも大きな財産だと思うのです。

今となってはいすみにいるメンバー全員、僕からすれば親みたいな存在です。

いなフリにはどんな自分でも受け入れてくれる環境がありました。

もし参加しようか迷っている方は、とりあえず申し込んでから考えることをおすすめします。

↓  ↓  ↓

inaka-freelance.jp










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です