【かなりの大苦戦!?】兵庫~愛知までヒッチハイク旅 




こんにちは。ヒッチハイカーのレオンです。

 

前回こんな記事を書きましたが、

【死ぬかと思った】愛知~兵庫までヒッチハイクした話。

2017年11月16日

今回はその帰りとして兵庫から愛知へ帰る時もヒッチハイクを使ったので、その旅録を残したいと思います。

 

かなり苦戦しましたが、兵庫県民、大阪県民でヒッチハイクを志す勇者のためになる情報も詰まってるのでぜひ参考にしてみてください。

 

京橋IC(兵庫)でスタート

夜の9時。

今回兵庫は初めてだったので、なんとなく京橋のICを狙おうという試みでやってきました。

 

電車を使いなんとかIC付近へきたものの、

止まれる場所がないことに気づき、難易度が高すぎるので少し場所を考えることに。

 

そして

道幅が広いところないかなと探していたところ、京橋と京橋南詰の信号の間にある高速道路の下でやることにしました。

すると約3分後、

2台の車が止まってくれました!

 

一台目の方は方面が違ったのもあり断念。

二台目の方は大阪に向かうとのことでノリで乗ってしました。

 

学生カップルの方で結構ちゃらそうなイメージでしたが普通に優しかったです。

ユニバに行くらしく、なんとも楽しそうな雰囲気でした。

 

が、ここで事件が。

カップルが向かうところは梅田だったんですが、そこまでの間にSA・PAがない!

 

つまり僕は高速から降りる事になったのです。

一台目から絶望。。

 

頑張って探しましたがやはり降りる事になりました。

完全に兵庫~大阪なら一つくらいあるでしょ!と軽いノリで乗車した僕が悪いんですが、やはり事前調査は必要ですね。

それにしてもカップルのお二方、わざわざ遅い時間にありがとうございます!

それにしても、クルマがいない。。。

梅田のネットカフェで泊まる

結局時間も11時くらいになり、流石に心が折れていたので梅田のアプレシオというネットカフェで泊まることにしました。

 

ここは夜になると泊まる用のフラット席がすぐに満員になっちゃうんですが、リクライニングルームなら普通に空いてます。

 

リクライニングルームってどうなの?と思う方もいるかもしれませんが、あれ、椅子を倒せば普通に横になれちゃうんでぶっちゃけフラットと変わらないんですよ。

なのでフラット席がどこも開いてない!って方にはアプレシオをお勧めしますね。

料金は2000前後ですが。(場所と時間による)

朝になり、梅田で場所選び開始

ネットカフェで寝坊してホテル同等の値段をとられた僕は場所選びを再開した。

梅田って凄い街だしどこからスタートする?ということになるんですが、僕が選んだところは吹田SA。

なぜかというと実はここ、下道から入れるSAなんです。

最高ですね。

 

もうICでのヒッチハイクは御免だというわけで徒歩と電車を使って吹田SAへ向かいました。

 

とにかく5kmくらい歩いた(;´∀`)

分かりにく過ぎた吹田SA(大阪)

とりあえず吹田SA付近へ着いたものの、ここで浮き上がった疑問。

 

どうやって入るんだ?

 

着いたものの、入り方が分からない。

ちなみにGoogleマップに従っていきついた場所がここ。

え、行き止まりじゃん。。ここで若干焦ったのを覚えてます。

 

じゃあ別のルート探ってみよう!

と向かった先がこちら。

ここでみなさんなら思うでしょう。

え?ここの柵飛び越えちゃっていいの?と。

 

僕もそう思ったので一応SAのインフォメーションセンターに電話。(めっちゃ緊張した)

すみません、この柵飛び越えちゃっていいですか?
SAの人
そのようなものはございません。
え。

 

柵なんてない。

 

じゃあ僕の場所が間違えているのか?

ここでいろいろと電話で誘導してもらいました。

 

すみません!どこなのかさっぱりわからないです!
SAの人
新聞屋さんを進んで、車とか自転車のおいてある駐車場のある場所です!
もしかして、従業員用の駐車場ですか?
SAの人
そうです!

ここだ。(一回来た)

SAの人
そこを真っすぐに一番奥まで進んでください!
え?はい!(さっき進んだけどなかったよ?)

みなさんはお気づきでしょうか?

 

実は入り口が隠れていたということ。

車の中に。

 

 

 

そう、

 

クルマで隠れて気づかなかっただけというオチです。

一番奥に行くまで諦めちゃ駄目だったんですね(笑)

 

それにしても、

分かりにくい

 

この先を進んでトンネルをくぐれば。。

 

吹田SAに到着!!

ここまで来るのに1時間くらい苦戦しました(汗)

SAの人が無事誘導してくれたおかげなので本当に感謝です。

 

ここは車も多くて広いので難易度低めだろうと思っていた矢先、

 

ライバル発見。

しかもこの男、めちゃくちゃアクティブ。

スケッチブックを掲げながら車に次々と交渉しているではないか。

 

声掛けはやったことあるけどあそこまでガツガツいけるところにかなり圧倒されました。

 

そしてそのライバルの方が僕に気づいたのか、車を捕まえて僕も一緒に乗せてくれたのです。

 

この時の僕の率直な感想

負けた

 

勝負をしているわけではないのになんだろうこの敗北感は。。という感じでした。

 

運転手一人とヒッチハイカー二人での車内はかなり面白かったです。

乗せてくれた方は僕と同じスケボーをやっている会社員の方で、共通点があって盛り上がりました。

 

一方、ライバルの方は

・27歳ニート。

・300台くらい乗せてもらっているまさにヒッチハイクのプロ。

・泊まる場所もコンビニとか人のいる場所で声をかけて泊めてもらって生きている

 

というもはやなんというか、レベルの違いを見せつけられました。

ここまで人の温かみを受けた人間だからこそ僕も乗せようという発想になったんだなと思いましたね。

 

そこで一番印象に残った話は、シェア精神についてです。

何百台と通る車を見てニートの彼は言いました。

あからさまに空いている席、空間があるはずなのになぜ乗せないんだろうと。

新しい出会いがあるかもしれないのにそれをしないのはお互いにとって勿体ないものではないか。と。

 

確かに乗せるか乗せないかは自由だし日本人の気質的なものありますが、個人的にUberとかAirbnbとかのシェアリングエコノミーサービスが日本にあまり普及されないのもこういった背景も影響してるのかもなと思いました。

最後にドライバーさんからお菓子も頂きました。

めちゃめちゃ美味かったです!

本当にありがとうございます!

子連れが多すぎる大津SA

ここでは元ライバル(ニート)に声掛けのやり方を少し伝授していただけました。

以前から僕は、車の中にいる人にはどうやって声をかけるんだ?ノックするのも開いてもビックリしそうだし。。という疑問がありましたが今回解消しました。

 

彼のやり方としては、

車の外から方面の書いたボードを見せながら声をかけるといいらしいです。

ガラス越しでちゃんと聞こえるのか?と思っていましたが、実際にやってみたらちゃんと反応してくれました。

ヒッチハイクの師匠。

本当に助かりました!ありがとうございます。

 

そしてもう一つ。ド正論をかまされました。

 

結局みんなどこ行くか分からない。

だからナンバープレートとか見なくていい。

ひたすらに声をかけた分だけ成功率は比例する。

 

うん。ホントにその通り。そして最高に耳が痛い。

ただ僕は彼に勝てる気がしない。ただそう思いながらひたすらに空を眺めました。

 

そして彼とは方面も違うので先に別れることに。

寂しいですが、ここからは再び一人でやることになります。

 

大津SAはかなり大きいから余裕だろうと思ってましたが、

とにかく子連れが圧倒的に多い!

子連れが多いということは、子供が寝る→ヒッチハイカーが喋る→子供が起きる→乗せん!という式が成り立ちます。

 

師匠の技を使うも何度か断られ心が折れたのでボード作戦に変更。

全然捕まらないまま粘ること3時間経過(笑)

そして、

「乗ってく?」という軽い声掛けから乗せて頂くことができました!

乗せてくれた方は、会社を辞めて海外を自由に旅しようと計画を目論んでいる方。

 

たった一度きりの人生、楽しんだ方がいいですもんね。

また、

これから寿命が長引き、老後も働かなきゃいけない時代をどう生きていくのか語り合いました。

 

話してる感じ、一言でまとめるとITは最強らしいです。

 

そして僕はまた小さな決断をしました。

ITで逃げ切るぞと

 

 

貴重なお話もさせていただいたところで、名古屋の駅へ到着!

 

本当にありがとうございました!

(写真をお願いする勇気は定期的に今回は発動するのでお許しください)

 

計:3台

かかった時間:13時間

走った距離:約200km

兵庫でやるなら京橋ICの手前でやるべし!

兵庫でヒッチハイクポイントを探した感じ、びっくりするほどPA/SAがないんですね。

なので今回は京橋ICという場所でトライしてみる事にしてみました。

ですが見た感じ全然止まれる場所が無いのでIC入り口ではなく、

京橋と京橋南詰の間にある橋の下でやるのが一番いいかと思います。

道幅を考えると個人的にここが一番泊まりやすいのかなと、

実際少し場所を変えただけで3分で二台捕まえたので、

後はICまでに繋がる道を自分でも探ってみるといいかもしれないですね。

大阪県民は吹田SAでヒッチハイクするべし!

大阪に住んでる方は、多分ここが一番最強です。

なんといっても下道から入れるので、難易度の高いICをパスすることができるという点だけでもかなりおいしいスポット。

 

行き方としては、岸辺駅から徒歩かバスで行くのが一番ベストですね。

僕も大阪に来たときは迷わずここを利用しようかと思います。

今回のまとめ

今回、愛知~兵庫の行きは3時間くらいで着いたんですが、帰りは13時間くらいかかりました(笑)

帰りだけ大苦戦でしたね。

 

もうヒッチハイクなんてやりたくない!と何度も思う旅でしたが、ホントにいろんな方からたくさんの温かみを注いでもらったおかげでなんとか帰ってこれました。

 

これだから辞められない。
ヒッチハイクは。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です