本は若いうちから読んでおいた方がいい理由。まずは考え方を変えよう




本が嫌いで嫌いで嫌いで仕方がないレオンです。

 

冒頭から本嫌いを連発してすみません。

 

さて、みなさんは本をまともに読んだことがあるでしょうか。

 

僕は大学に入るまでの18年間、図鑑しか読んできませんでした。

 

もちろん、本を買った記憶もございません。

 

で、10数年ぶりに本を読んだとき、体中に衝撃が走り、本の力ってすげーなって思った過去があるので記事にしてみました。

 

この記事で一番伝えたい事は、

 

本はマジで早い内に読んどくべき

 

ってこと。

たった一冊の本が考え方を変えてくれた

本を読んで変わったことは「考え方」でしょうか。

 

大学の講義サボりまくってた僕はなぜか意識高い系のフリをしてビジネス書のコーナーにいったんです。

で、なぜかそこでたまたま手に取った本がホリエモンの本。

 

「本音で生きる」っていう題名だったんだけど、ガラッと価値観が変わりました。

 

一番の脳裏に焼き付いている言葉が、

 

・誰もあなたのことは見ていない

・やるかやらないか

・バカなやつほど強い

・自分の時間を生きろ

って言葉。

 

皆さんも今ならもう聞き飽きた言葉だと思いますが、僕がこの言葉を知ったのも数か月前。

 

こんな考え方があったんだ!っていう、まさに衝撃です。

他にも

クラウドファンディングってなんだ!?とか、

え?オンラインサロンとか初めて知ったんだけど!とか、

 

知らないことばかりで一気に視野が広がりました。

本を読んだくらいで人生は変わらないけど行動するきっかけにはなる

本を読んだ人と読まないのでは意識の違いというか、考え方が全然違います。

後はそれに目を背けるないかどうかって話で。

 

思考が変われば行動も変わります。

 

なんで18年間本を読んでこなかったんだろうといまさらながら号泣。

たった一冊の本を読んだだけで思考が完全に染まってしまったのは僕だけでしょうか。

あの時、学校の机の上にポンっておいて欲しかった

小中高と、読書タイムがあったのですが、文字に拒絶反応を起こす生徒だったので、「瞑想してなさい!」と毎日怒られてました。

 

でもあの時、学校の机の上ににホリエモンの本を一冊ポンっておいてくれたらその日から思考と行動は完全に変わっていただろうなと思ってます。

 

本当に学生時代の自分に読ませてほしかった。。

学生の内に本を読もう

凄くダサいセリフですが、小学校~大学の間には一冊くらい本は読んどいた方がいいです。

 

ここでは僕が人生で読んだ本が二冊しかないってのと、ホリエモンの本しか読んだことないのでホリエモンの本を薦めてますが、

 

興味がある人の本を読むといいかと思います。

 

僕みたいに自己啓発に酔いたいだけなら自己啓発に存分に浸ればいい。

 

行動はともかく、一気に視野が広がるし、考え方、すべてが変わります。

 

休学したりヒッチハイクなどをしようと思わせてくれたのもたった一冊の本のおかげなわけで。

 

本が無ければ今頃大学で消耗してたに違いありません。

なので学生の内に本は絶対に読んどきましょう!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です