【体験談】テックキャンプを受講し、全額補償制度を利用した僕の率直な感想。




こんにちは。

TECH::CAMPを(テックキャンプ)を受講してきたレオンです。

やっぱりプログラミングスクールってどこを選べばいいのか迷いますよね。

僕もスクール選びに悩みに悩んだ挙句、無料体験で感化されてテックキャンプを受けたんですが、

わずか7日で辞めてしまいました。

 

正直なところ、TECH::CAMPは自分に合わなかったなというのが率直な感想。

 

この記事ではテックキャンプの最新情報を元に、良いところ、悪いところを100%本音で出し惜しみなく伝えていきたいと思います。

 

もしこれからテックキャンプを検討している方がいればこの記事も参考にしてくれれば幸いです。

TECH::CAMP(テックキャンプ)って何?

オフライン、かつオンラインでも学べるテクノロジーに特化したプログラミングスクールです。

まず料金はこんな感じ(↓)

料金

入学金 → 128000円(初月無料)

月額  → 12800円(二ヶ月目以降)

そしてこの料金で以下の6つのコースが学び放題!また、オフラインで学ぶためにも以下のように全国各地に教室を展開しています。

教室
【関東圏】

渋谷、池袋、新宿、御茶ノ水、東京駅前、早稲田

【中部】

名古屋

【近畿】

梅田、三宮

【九州】

天神

教室は基本的に東京に密集している感じですね。

ちなみにテックキャンプは現在仕様が変わっており、少し前までは一週間集中型の稲妻コースがあったり、月数万円で一コースだけ学べるといった感じだったのですが、

今では、月額12800円で最新テクノロジーが学び放題に変更したようです。

プログラミングスクールというよりはテクノロジースクールにシフトしていくといった感じですね。

補足
あまりにも学べるコースが増えたので学割はなくなってしまったそうです。 

テックキャンプの良かったところ

教室で集中して学べる

オフラインで学べるのは結構おおきいです。

オンラインだと自己管理ができないとだらけてしまいますが、教室ならメンターさんと二人三脚で効率よく進めることができます。

また、教室に行けばコーヒーやお茶などを無料で飲めたり、80円くらいでお菓子屋やジュースが購入することも可能。

※無料で配布してくれることも。

なんといっても教室はすごく清潔感がありますしリラックスできる音楽も流れています。

 

メンターさんも近くにいてかつ集中しやすい環境なのでオフラインで学ぶデメリットはほぼありません。

教材が非常に分かりやすい

テックキャンプが使っているTECH::MASTERという教材を使っているのですが、初心者でもめちゃくちゃ分かりやすくできています。

 

図解を大量に使っているために視覚的に情報が入ってくるんですよね。

これでもかというくらい丁寧に解説してくれるので初心者が挫折することはほとんどなさそうです。

 

個人的に教材の分かりやすさが、テックキャンプの一番の強みといってもいいでしょう。

メンターに気さくな方が多い

メンターさんのほとんどは大学生です。

僕も大学生で歳が同じくらいだったので、話しやすかったのもありますが、とてもフレンドリーな方ばかりなので馴染みやすかったです。

 

これは僕がテックキャンプを受講する決め手になったのですが、質問もしやすいですし信頼関係を築きやすいというメリットがあります。

それだけでなく、礼儀正しくて対応が気持ちいので居心地の良さを感じました。

 

もちろん教室によってメンターが違うので、もし人間関係や雰囲気に不安を感じる方は一回無料体験に行って確かめてみるのが一番です。

卒業後はメンターになるという選択肢がある

卒業後はメンター試験に合格することでメンターになることも可能です。

ちなみにそのメンター試験の合格率はわずか10%。卒業後に勉強時間が設けられているようです。

メンターになればインターン生という扱いでプログラミングを教える事になります。

中でも一番の特典がメンターになればカリキュラムが見放題だということ。

メンターとして金を貰いながらプログラミングを学べるなんて最高のインターンですよね。

プログラミングを人に教えればそれだけ定着するので特に大学生なんかは選択肢として全然ありだと思います。

裏情報※現在人手が足りないらしく、メンターさんの募集を開始し始める場所も増えているそう。

テックキャンプの悪かったところ

メンターの能力にばらつきがある

まず知っておきたいのが、メンターさんのほとんどが、テックキャンプを卒業して間もない大学生ばかりだということ。

以下はメンター紹介の一例ですが、自己紹介欄にはまだまだ勉強中という方もゴロゴロいました。

まだまだ分からないことが多いのでご迷惑おかけします。

プログラミング初心者です。よろしくお願いします。

僕の場合、質問をしたのにメンターさんより自分の方が早く解決してしまったということが何度かあって辞めてしまいました。

 

一方、当たりのメンターさんも存在するのも確かです。

大学生の方だったのですが、紙などを使って超丁寧に教えてくれたメンターさんもいました。(↓)

正直、超分かりやすかった。

 

あともう一つ重要なことを伝えておきます。

テックキャンプはVRコース、デザインコース、AIコースなどがでてきますが、

これらの最新カリキュラムを教えられるメンターさんは結構限られてるなっていうこと。

どういう事かというと、

ボク
デザインコースやVRコースも学びたいんですけど教えられる担当の方とかいるんですか?

とメンターさんに聞いたところ、

メンター
実はRuby(WEBアプリ開発)しか上手く教えられないんですよ~。VRならあのメンターが少し教えられるかな。後僕、デザインならちょっとできますよ?

これが辞める動機になってしまったんですね。

ならRuby以外ほぼ独学になっちゃうじゃん。と。

 

つまり、WEBアプリ開発コースとかは結構前からカリキュラムにあったから教えられるメンターが多いけど、

VRとかデザインといった最新のコースは教えられるメンターが極端に少ないよということです。

でもこの辺の話は教室によるかもしれないですね。僕は名古屋校だったんですが、東京とかならたくさんいるかもしれません。

なのでもし最新のコースを受けるならもう少し全体的なメンターの質が上がってからかなーといった印象です。

 

でも最後に重要なのでもう一度言いますが、結局、人によります。

オンラインでの質問は正直微妙

教室が遠かったのでオンラインがメインになってしまったのですが、回答スピードがやはり遅いかなっていう印象。

オンラインで回答してくれるメンターは現役エンジニアの方だったのですが、一つの解答までに平均15~20分くらいでした。

教室で学ぶに越したことはないので、もしオンラインがメインになりそうならテックキャンプはおススメできないかもしれません。

長い目で見た受講料が割と高め

月額12800円で学び放題をキャッチフレーズとしていますが、入学金に関しては学生も社会人も入学金128000円とられてしまいます。

 

中でも特に気を付けてほしいのが継続学習プランというもの。

要は、「卒業したけどテックキャンプで継続して学びたいよ」っていう人に向けた学習プランのことです。

見逃し易いので継続学習プランで注意してほしいポイントを以下の二点。

注意点

★ 受講終了10日前までに退会しなければ次の月額も自動で引き落とされる

★ 退会から3ヶ月経過すると、再受講するときに再び入学金がかかる(休学を3ヶ月以上するとまた入学金とるぞ!という意味) 

 

自分的には退会から3ヶ月以内に継続学習プランに申し込まないと次受けるときにまた入学金がかかってしまうという点に納得がいきませんでした。

 

縛りがあるというか、どんな忙しいときでも受けなきゃ勿体ないと思ってこの先無理に金払って学習してしまうなって思ったのも辞めた動機です。

とにかく、僕は大学生だったのでせめて学割を効かせてほしかったなっという感じです。

特に学生ならTechAcademyなんかは学割が利くので、料金的にはそちらの方がおススメかもしれません。

こんな人にはおススメ

・教室まで通うのが苦じゃない方

・最先端テクノロジーに興味のある方

・継続学習でたくさんのコースを受けたい方

・自己管理能力に不安のある方

・短期集中で学びたい方

・とりあえず基礎を学んどきたい方

こんな人はやめた方がいい

・教室にあまり通えない方

・最終的に少ないコースしか受ける予定のない方

・メンターの質を重視している方

・人に直接教えられるのが苦手な方

まとめ

良いとこも悪いところも惜しみなく全部書いてきましたが、最終的にプログラミングを学んでどうなりたいのかということを最優先に考えて欲しいです。

僕の場合あれもこれも学びたくてコースの豊富さに感化されて選んでしまいましたが、ちゃんと明確な目的を設定しておくべきだったなと思ってます。

 

僕はテックキャンプに通って失敗したわけですが、なんだかんだ通って損はしてないなと思ってます。

なぜなら今自分が一番学びたいことはなんなのか分かったからです。

テックキャンプは受講中いろんなカリキュラムを閲覧できるのですが、

気晴らしにVRコースをいじってる最中、やっぱり自分はゲームが作りたかったんだ!と気づいたのです。(ただ、VR開発に詳しいメンターさんが教室にいなかった。)

 

もしテックキャンプがどうなのか気になる方は無料体験に行きましょう。

僕も行ったんですが実際にアプリを作らせてもらえるしメンターさんとも仲良くなれるし結構楽しかったですよ。

もしそれですぐ受けたい!っとなればすぐ受けてみてください。

もしそれで納得いかなければ7日間全額保障制を利用して別のスクールを受ければいいのです。

スクール選びはいろいろと悩んでしまいますが、

悩んでいる時間こそ勿体ないのは確かので、まずはアクションを起こしてみましょう!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です