一ヶ月で2つのゲームが完成!TechAcademyのUnityコース体験談




TechAcademy(テックアカデミー)のUnityコースを受けてきたレオンです。

一ヶ月前までプログラミング初心者だった僕は、「純粋にゲームを作りたい!」と思い立ち、受講を決意しました。

率直な感想から言うと、学習過程そのものが超楽しかったし、

なんとゲームを2本完成させちゃいました!

そこで今回、この一ヶ月で習得したことやレビューを書いていきたいと思います。

この記事が今後受講を考えている方の参考になれば幸いです。

そもそもUnityって何?

「Unity」の画像検索結果

Unityとは、無料で利用できるゲーム開発環境のこと。

世に出ているゲームのほとんどがUnityで作られています。

例えば、皆さんも一度でやったであろうPokémonGOや、白猫プロジェクトマリオラン、ドラゴンクエストといった、

あの大ヒットしたゲームのほとんどがUnityで作られているのです。

これを知った時の僕
Unityすげーー!!絶対俺もゲーム作ってやる!

これを知った時の興奮を今でも覚えてますね笑。

それに、プロも使用してるUnityのほぼ全ての機能が無料で使えちゃいます!

今や個人でゲーム開発ができる時代になったんですね。なんていい時代なんだ。。

そしてUnityの大きな特徴としては、IOS, Android, Windows, WiiUといった、様々なプラットフォームに対応しているということです。

ゲームを作るならUnity一択の理由!

Swiftを学ぶ → IOS向けのゲームしか作れない

Javaを学ぶ → Android向けのゲームしか作れない

Unityを学ぶ → マルチプラットフォーム対応なので、IOSやAndroid, windows, Wii U等に対応したゲームが作れる。

つまり、Unityで作ったゲームはほぼ全ての端末で遊べちゃうんです!

さらにVRやARといったゲームも作れてしまうので、少しでも興味があるのなら学ばない理由がありません。

カリキュラムの流れ

1, 事前準備をし、Unityとは何かを学ぶ

2, 実際にUnityで遊んで感覚を身につける

3, バージョン管理を学ぶ(Git)

4, プログラミング言語C#を学ぶ

5, ゲームを3本作る(3D, 2Dゲーム)

6, オリジナルゲームアプリの作成・リリース

という流れです。

実際に身についたもの

たった一ヶ月で本当にスキルが身についたの?と思うかもしれませんが、個人で作りたいゲームが作れる程度にはなりました!

ここでは実際に身についたものを紹介します。

Unityの基本的な使い方

一通りカリキュラムを終えると、Unityの画面構成や、基本的な操作を習得できました。

カリキュラムでは図解を大量に使っているので、その通りに進めていけばすぐに感覚が掴めていきます。

学習コストはそれほど高くなく、コードを一切書かないのでエラーの心配もありませんね。

最初はプログラミングを極めないとゲームなんて作れないんじゃないの?と思ってましたが、

Unityさえ使えれば、プログラミングなしでそこそこのクオリティのゲームが作れてしまうことに興奮してました笑

例えばこんなお山を作るときとか。

後ろの方で作ったゲームも紹介するので是非ご覧ください!

C#言語

Unityでは基本的にC#という言語を使います。

C#って何?ってところから入りましたが、クラスやインスタンスといった、プログラミングにおける基本的な概念を習得できました。

似たような言語にJavaというのがあるのですが、C#さえ習得してしまえばあの最も人気言語であるJavaの習得も早いらしいです。

今ではコードこそぐしゃぐしゃではありますが、物体を思い通りに動かしたり表示させるといった処理ができるレベルに達してます。

現役のエンジニアも利用しているツールの使い方を習得

wTechAcademy(テックアカデミー)ではカリキュラムを進めるに当たって、Slack、Github、Gyazoの三つのツールを使うことになります。

これらは、実際の開発現場で使われている、コミュニケーションや共同開発に使うツールです。

実際に使いながら課題を進めていくので、エンジニアとして必須となるツール達も自然と使いこなせるようになりました。

ただプログラミングができるだけではエンジニアとして通用しません。

こういった現場で実際に使用するツールを使えるようになったことも非常に大きいです。

Unityコースのここが凄い!

計3本のゲームを作りながら学べる!

Unityコースでは実際にゲームを作りながら学ぶことができます。

カリキュラムをこなすだけで3Dゲームと2Dゲームの両方を作ることができるんですね。

これだけでUnityの基本的な使い方やC#言語も習得できてしまうというわけです。

やっぱりゲームは実際に作ってみないと定着しないので、上手くカリキュラムは組まれていると思います。

卒業後もカリキュラムが見放題

なんと卒業後はカリキュラムは見放題なんです。

これで、「あ!あれどうやるんだっけ、忘れてしまった!」となっても、いつでも復習ができますね。

一ヶ月以内に全部つめこまなきゃ!と焦る方も心配もありません。

このカリキュラムは一生あなたのものなんです。

メンターさんが神

メンターさんが神です。

回答速度もたったの数分で返ってきますし、現役エンジニアの豊富な知識や調べる力のお陰でスムーズにすすめることができました。

URLや画像付きで丁寧に解説してくれたり、理解力が著しく低い僕でもなんとかメンターさんのお陰で突破していったという感じです。

本当にメンターさんには感謝してます。

最後にはオリジナルゲームが完成!

なんとたった一ヶ月間の間でクソゲーが2本完成しました!

そこで、実際に受講中に作った一作品目がこちら。

クソゲーの登竜門

上に登った分の距離を競うゲームです

制作期間は大体5日間くらいですかね。

作りたいゲームがなかったので考えるのに時間がかかった感じです><

死ぬときにコテッと転げ落ちるところが個人的にツボです。

制作過程とかも書いてるのでぜひ。 → <TechAcademy体験記>Unityでクソゲーが完成した!

そして第二作品目がこちら。

開始から忙しいシューティングゲーム

60秒以内に敵を倒した分のスコアを競います。

制作期間は一週間くらい。

クソゲーの割には結構てこずりましたね。。

初めは一つのゲームに専念しようと思ってたんですが、あっけなく飽きてしまいクソゲー大量に作ろうと舵をきりました(笑)

ですが、いろんなジャンルに手を出せたとう面では結果的に凄く良かったです。

こちらも制作過程あります → <TechAcademy体験記>クソゲー2作品目が完成しました!

いかがでしょうか。実質的には二週間で2つのゲームが作れてしまいました。

これもTechAcademy(テックアカデミー)のメンターさんありきなので、いかにメンターさんが優秀なのか伝わるかと思います。

まずは無料体験に参加してみよう

少しでも気になった方はとりあえず一週間無料体験がおすすめ!

プロに聞き放題一回のメンタリングも体験できます。

プログラミング的な話だけでなく、ゲーム業界の裏側だったり、就職や独立の話をしてみるのもありでしょう。

これから何を学ぶべきかの方向性も定まるはずなので無料体験はおススメです。

みなさんもTechAcademy(テックアカデミー)でゲームを作ってみませんか?










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です