一年休学し、大学を辞めました。今後も自分の人生は自分で決めます。




こんにちは。レオンです。

 

この度、

大学を辞めてきました

 

これは一年間の大学生活+一年間の休学の末、大学行く意味なくない?という結論に至った僕の答えです。

なんで大学辞めたの?と思う方もいるかもしれないので、その理由も含めつつ僕なりの考えを誰かに届けられればいいなと思います。

入学当初から辞める気満々だった

大学の入学式当日、泣く泣く出席したのを今でも覚えてます。

4年間の高い学費、若さ上の貴重な時間。

これらをどう使うのかで大学の価値は変わってくるのか分かっていたからです。

 

とはいえ、高校を卒業前に「さっさと進路決めてくれ!!」と詰められ、結局不本意入学した僕からすると、それらの資源を上手く利用できるとは到底思えませんでした。

 

でもそれは至って単純な話で、当時は

大学に行く意味を見出せてなかったから

なんですね。

 

じゃあそもそもなんでなんで大学行ったの?って思うのが自然な質問かと思います。

が、残念ながら僕はその質問には上手く答えることができません。

2年前の僕であれば、「大学でやりたいことを見つけたかった」とか答えるでしょう。

 

でも当時は多分、就職も進学もしたくなかっただけなんだと思います。

それは決断の材料がなさすぎたから。

ここは僕の居場所じゃない

大学校内を見渡せばいつも同じ景色を見ていました。

単位のための勉強

授業中はスマホゲームか爆睡。

授業が終わればバイトやサークル、家では友達と月曜か夜更かし、水曜日のダウンタウンとか見て過ごしてました。

楽しいかと言われれば楽しいですが、周りと同じ日常を過ごしてダラダラと過ごす日々に焦りが募るばかり。

 

大学に通うたびに、

「ここは僕の居場所じゃない」

そう思うようになりました。

 

次第に授業をサボるようになり、本屋でホリエモンの本読んで自己啓発に浸るようになります。← 考え方変わると行動も変わるからおススメ

一年休学をして、大学から離れてみたら違う自分がいた

大学2年生になる頃、大学に行くことへの抵抗が強くなってパニック障害を連発。

とにかく環境を変えなければやばい!

そう思うようになって逃げるように休学。

自分とじっくり向き合う空白期間を設けることにします。

 

休学中はフリーランスを経験したり、適当に日本をブラブラしてたんですが、そこでは色々な方と出会いました。

会社の社長さん、フリーランス、旅人、ブロガー、NPOを運営する若者、探検家、無人島の人、等々………

様々な考え方、価値観に触れる機会があり、大学にいる時よりは間違いなくもワクワクしている自分がいました。

あ、これ大学行く必要ないわ

そう思ったころ、復学率はもう0.000001%くらいになってたんじゃないでしょうか。

 

進路に順番なんてない。大学なんて行きたいときに行けばいい

世間一般的には、 高校卒業して大学入って就職して結婚して………みたいなテンプレが目立ちますが、

ぶっちゃけ順番なんてどうでもいいと思います。

あれは周りが勝手に作り上げて、勝手に流されてるだけでわざわざそれに合わせる必要はありません。

行きたいときに行けばいいし行きたくなければ行かなくていい。

超シンプルですがこれでいいんじゃないでしょうか?

 

東大出て農家になってもいいし、高校辞めて料理人になってもいい。

 

とにかく、

今現状で一番ベストな選択をする

結局進路選びに必要な考え方はこれだけなんじゃないかなと思うし、これからもそうしていきます。

 

高卒になり、学歴について思うこと

大学を辞めることに抵抗のある人は大体このテーマに引っかかるんじゃないかな?と思いちょっと触れてみました。

僕は大学辞めて高卒になったわけですが、特に勿体ないなーとか思うこともありません。

若さという武器もあるし、学歴の関係ない土俵で戦えばいいだけの話です。

ただ、学歴が必要な職種もあるので、大卒という資格が必要なら取ればいいし必要じゃなければ取らなくてもいいんじゃないでしょうか?

 

ただ一つ言うと、学歴はあるに越したことはないと思います。

 

新卒カードを使う、海外に就職するといった選択肢も増えますし、

未だに学歴に圧倒される日本人は多いので上手く利用すればかなりプラスに働きます。

今持っているものをどう使うかというスタートラインでは学歴があった方がいいですよね。

とはいえ、必要に応じてとりにいくくらいが丁度いいと思います。

 

大学辞めてエンジニアとして活動することを決意

大学辞めてどうすんの?と思う方もいるかもしれませんが、僕はこれからエンジニアとしてのキャリアを積むことに決めました。

エンジニアになった理由は働き方にあります。

場所問わず働くこともできれば、自分で作りたいサービスを開発したり、副業、メンター業務等々、需要もあれば多様な働き方を実現できる最高の職業なんじゃないかと今は思ってるからです。

正直やりたいことなんてないけど、理想の働き方だけは実現させておきたいと思ったときに出た答えがエンジニアだったというわけですね。

そうなれば大学なんぞ通っている場合ではありません。

一刻も早く上京し、現場で学んでメキメキと成長していくのが最短ルートであるわけです。

今は東京でエンジニアインターンをしてるのでそこで経験を積んでいければなと。

おわりに

大学辞めてからなんだか肩の力がすぅ~と抜けました。

「大学辞めたい!」って親に言えたのが大学一年生の冬かな。

最初は親に大反対されたけどやってきたことを伝えたら承諾してくれて本当に感謝してます。

 

「大学辞めるとか親不孝だ!」とか思う学生さんもいると思うけど、自分が幸せな姿を親に見せることが一番の親孝行だと僕は思っています。

親の立場になってみてください。

親のために一生懸命大学に通っているけど顔が死んでる我が子、

親の反対押し切って大学辞めたけど、今にも輝いている我が子、

どっちを見て幸せを感じますか?

僕は後者です。

親孝行したいのなら自分が幸せになるのが絶対条件だと思います。

 

なんか久々のブログで全然うまく書けないけど、要するに、大学辞めましたーという報告でした^^

それでは。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です